ホーム > 講習会詳細

講習会詳細

2017年 設計者講習会(仕様・簡易計算ルート)

省エネ基準適合の住宅をつくるためには、断熱施工技術に加えてプランニングなどの意匠設計から設備設計までトータルで取り組まなければなりません。
そのような中、従来の外皮の詳細計算法では対応が難しいと感じる方や、より簡便に結果を求めたい方などに向け、本年度4月より簡易評価法の運用がスタートしました。
 本講習では、地域の木造住宅生産を担う工務店などを主な対象として、省エネ基準評価の入門編となる『仕様基準』および新しい『簡易評価法』に基づく断熱等の外皮性能に関わる内容を中心に、半日で省エネ基準に則した評価方法(仕様ルートおよび簡易計算ルート)を分かりやすく周知、習得することを目的としています。
設計半日講習会では、省エネルギー化の意義や効果、手法など基本的な内容については解説を行いませんので予めご了承ください。
本講習会の受講に際し、受講料1,000円が必要です。

 本講習会では、講習会受講者に対し考査を行い、合格者には「住宅省エネルギー[設計]技術者講習修了証」を発行します。修了証には、賞状タイプとカードタイプが選択いただけます。(修了証の発行は任意ですので、希望する方には、発行手数料として賞状タイプ1,000円、カードタイプ2,000円をご負担いただきます)
尚、本講習会の終了証は、設計者講習会(詳細計算ルート)と同一の仕様となります。

< もどる

▲ ページトップへ

※本ホームページは、インターネットエクスプローラーVer7以降およびJavaScriptの対応となります。
 インターネットエクスプローラーVer6以前の場合、正確な動作及び表示が行われません。
Copyright© MLIT Japan. All Rights Reserved.