トピックス

2021/03/10

【デジタルブック(製本配布版)】省エネテキスト基準・評価方法編(令和2年度版(製本配布版)) 「2021年4月から使えなくなるもの」の記載について

■省エネテキスト基準・評価方法編(令和2年度版)
「2021年4月から使えなくなるもの」については、2021年4月以降は以下となります。
(A1:2021年4月以降の対応、A2:2021年4月以降使用不可の場合の、A1に変わるもの、A3:備考)

===============================================================================
※該当するデジタルブックのURLは以下となります。
 https://www.shoene.org/d_book/data/kiw00015r2/index.html
===============================================================================
P157 表4.2.2.4 木造軸組構法の各部位の面積比率
・A1:水色の網掛け部分は使用不可(注1)
・A2:付加断熱の場合の付加される断熱材の熱抵抗の値は、外張断熱の場合と同様に計算します。P161を参照
-------------------------------------------------------------------------------
P159 表4.2.2.5 枠組壁構法の各部位の面積比率
・A1:水色の網掛け部分は使用不可(注1)
・A2:付加断熱の場合の付加される断熱材の熱抵抗の値は、外張断熱の場合と同様に計算します。P161を参照
-------------------------------------------------------------------------------
P162 簡易計算方法-2(補正熱貫流率)
・A1:標準計算ルートにおいては、当面の間、使用可とするが、簡易計算ルートにおいては、使用不可(注1)
・A2:断熱材の熱抵抗の値から、部位の熱貫流率を計算した表があります。
 断熱建材協議会の部位別熱貫流率表を参照
 https://dankenkyou.com/netsukanryuritsu.html
------------------------------------------------------------------------------
P164~166 基礎の線熱貫流率
・A1:当面の間、使用可
・A3:基礎断熱時の基礎および土間床等の外周部の熱損失の評価方法が、2021年4月から変更になります。
なお、従来の「土間床等の外周部の熱損失に加え、土間床上端から最大400mmの基礎壁の熱損失を含んだ評価方法による定数及び基礎式」は、当面の間、標準計算において用いることができます。
(※令和2年度第2版P152~161「土間床等の外周部の線熱貫流率」を参照。)
------------------------------------------------------------------------------
P184 表4.2.1 開口部の熱貫流率と日射熱取得率を求める方法
・A1:「方法1(国研)建築研究所の技術情報資料から求める」の一部(表4.2.4.2と表4.2.4.4)が使用不可(注1)
・A2:断熱建材協議会の部位別熱貫流率表を参照
 https://dankenkyou.com/netsukanryuritsu.html
------------------------------------------------------------------------------
P185 表4.2.4.2 窓等の大部分がガラスで構成される開口部(一重構造の建具)の熱貫流率U
・A1:使用不可(したがって【参考】として記載した、P186表4.2.4.3も使用不可)(注1)
・A2:断熱建材協議会の部位別熱貫流率表を参照
 https://dankenkyou.com/netsukanryuritsu.html
・A3:P357 表6.3.10も同様
------------------------------------------------------------------------------
P187 表4.2.4.4 ドア等の大部分がガラスで構成されない開口部の熱貫流率U
・A1:使用不可(したがって【参考】として記載した、P188表4.2.4.5も使用不可)(注1)
・A2:断熱建材協議会の部位別熱貫流率表を参照 https://dankenkyou.com/netsukanryuritsu.html
・A3:P358 表6.3.11も同様
------------------------------------------------------------------------------
P189~190 表4.2.4.6~8 窓等の大部分がガラスで構成される開口部(一重構造の建具)の垂直面日射熱取得率
・A1:引き続き使用可
・A3:P359~360 表6.3.12~14も同様
------------------------------------------------------------------------------
P199、201~207 窓の取得日射熱補正係数を求める方法3、4、5
・A1:使用不可(注1)
・A2:(国研)建築研究所の「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報
(住宅)次期更新版」の「第四節日射熱取得率 付録B B.4地域の区分、方位及び日除けの形状に応じて算出した日除け効果係数と斜入射特性を用いる方法」を参照
 https://www.kenken.go.jp/becc/documents/house/3-4_210401_v12.pdf
A3:令和2年度第2版P195「2.3日除け効果係数と斜入射特性を用いる方法」で解りやすく解説しています。
------------------------------------------------------------------------------
なお、3/22に最新の版(令和2年度第2版)をWeb公開しました。

(注1):但し、「住宅・住戸の外皮性能の計算プログラムVer.2.8」を使用する場合に限り、令和4年3月31日まで使用できます(技術情報Ver.2.8に基づく外皮性能評価も同様)。
詳細につきましては、以下のURLをご参照願います。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/content/001364799.pdf

戻る